妊活?不妊とは??【知っているようで知らない不妊の定義】

妊活・不妊の定義のアイキャッチ妊活
スポンサーリンク

不妊とか妊活って最近よく聞くけど、不妊に定義はあるの?と思っていませんか。

また何をすれば妊活になるのかって気になっていませんか。

この記事では、不妊とは?妊活とは?というに疑問を解決します。

 

この記事を書いている私は不妊治療の専門家として約10年従事しているので、信頼の担保になると思います。

スポンサーリンク

1.不妊とは

勉強している女性

1-1.不妊の定義

不妊とは「特に病気のない健康な男女が挙児を希望し、避妊をせず夫婦生活を営んでいるにもかかわらず一定期間内に妊娠しないこと」と一般的に定義されています。

 

ここで言う一定期間とは、日本では以前までは「2年」と言われること多かったですが、現在はWHOや米国に合わせて、また日本の晩婚化・晩産化の状況に合わせ日本産科婦人科学会が「1年」と定義しています。

 

さらに若い女性(35歳以下)の場合は「半年」とも言われます。

 

しかし、これは「健康な男女」の場合の定義であり、排卵がうまくいっていない可能性がある場合(月経不順や無月経など)や、生理痛が激しい(子宮内膜症や子宮筋腫などがある)場合は、この一定期間を経過していなくても不妊と定められる場合もあります。

 

もしこの定義に当てはまっている場合どうしたらよいのでしょうか?

 

1-2.不妊と思ったら

不妊と思ったら、まず検査を受けることをおすすめします。

 

検査には健康保険が適応されるものもありますし、自治体によっては助成金の対象になるものもあります。

 

また妊娠・出産は年齢との戦いです。対処が早ければ早いほど妊娠の可能性が上がると言えるでしょう。

 

もし、男女のどちらかに治療を受けなければ妊娠の可能性が低い原因などがあった場合、頑張って独自に妊活を行っていた時間が無駄になってしまいます。

 

検査を受けたうえで、男女どちらにも特に問題がなかった場合、独自で妊活を頑張ってみるというのもよいかもしれませんね。

不妊の原因【不妊における男女別の原因と男女比を徹底解説】
不妊の原因ってどういう種類があるのか知っていますか?また不妊原因の男性と女性の比率はどれくらいなのか気になりませんか?この記事では、不妊の男女比と男女別の不妊原因について解説します。

2.妊活とは

勉強している女性2

2-1.妊活の定義

妊活とは、「妊娠活動」の略で、不妊治療を含めた、妊娠に適した体づくりや検査などを行う妊娠に向けた一連の活動の総称を示します。

 

すなわち、妊活に明確な定義はなく、あなたが妊娠のために行っている活動の全てが妊活と言えるでしょう。

 

それでは妊活を行うにあたってのポイントは何なのでしょうか?

【0円】無料でできる妊活を紹介【妊活はタダでもできます!】
「妊活にはお金がかかる」そう思っていませんか?もちろんお金をかけることで妊活の選択を増やすことはできます。 しかし、お金をかけなくても無料(0円)でできる妊活はたくさんあります。この記事では不妊治療の専門家が「タダ」でできる妊活をわかりやすく解説します。

2-2.妊活のポイント

妊活のポイントは大きく分けて3つあります。

 

・健康的な生活

栄養バランスのとれた食事や適度な運動など、健康的な生活を行うことが重要です。しかし過度な運動は逆効果になりかねないので注意が必要です。

 

・体を温める

妊娠に冷えは大敵です。体を冷やさないような生活(服装や飲み物)を心がけましょう。また運動で体を温めることも必要です。

 

・リラックス

ストレスを溜めないことも重要です。妊活と言って過度に生活を縛り付けるのは、ストレスの原因となり逆効果になる可能性もあります。趣味に時間を費やすことなども必要です。

妊活・不妊治療でストレスをためない!【ミニマムストレス妊活】
妊活をしていると、うまくいかなかったり、結果につながらなかったり、何気ない言葉に傷ついたり・・・と色々なストレスを抱えますよね。しかし、ストレスは妊娠にとって男女ともに大敵です。本記事では妊活中のストレスを軽減するための方法を解説します。

3.まとめ

・不妊の定義は、夫婦生活があるのに1年以上妊娠しない状態

・不妊と思ったら早めに検査を受ける

・妊活には定義はなく、妊娠のために行っている活動全てが妊活

・妊活のポイントは健康的な生活と体を冷やさないこと

・妊活と言って生活を縛り付けすぎはストレスの原因になるので逆効果

コメント

タイトルとURLをコピーしました